2月1日 給食委員会が主催した給食集会で交流をしました

今日は、米子市で白ねぎを作っている白ねぎ農家の渡辺 直人さんと、JA職員の吉岡 亨輔さんが、彦名小学校を訪問され交流しました。
はじめに、給食委員さんと一緒に給食を食べ交流しました。

給食委員の元気のよい「いただきます」の声で給食時間が始まりました



給食を食べながら、子どもたちからいろいろな質問がでました。それに丁寧に答えていただき、白ねぎについての豆知識などをたくさん教えていただきました。




次は、全校児童が体育館に集合しての給食集会です。

給食委員会のみなさんが、この日のためにプログラムを考えて準備しました。

 

生産者の方が、今日採れたての新鮮な白ねぎを持ってきてくださっています。 「みなさん、白ねぎは好きですか」の質問に、多くの子どもたちが「はーい」と返事。







「白ねぎが嫌いな人もいるかもしれないけど、今日はみんながねぎを好きになってもらえるように話をして帰りたいと思います」と渡辺さん。

まずは、彦名小学校のみんなが、どれくらい白ねぎのことを知っているのか、子どもたちにクイズです。

質問 白ねぎの「葉」の部分は、どこでしょうか。また、「茎」はどこでしょうか。


子どもたちが「ここだと思います!」と発表します。







いろいろな意見がでました。

正解は

茎だと思って食べている白い部分の大部分は、実は「葉」ということがわかりました。

その他にも、「風邪をひいたときはねぎが効く」というが、風邪に一番効果がある部分は、ねぎの青い部分で、
特に、内側のドロッとしているところが一番効く、という豆知識を教えてくださいました。





渡辺さんは、関金の農業大学校を出て実家の仕事を継いだそうです。
「白ねぎはすぐ病気になる。だから、お薬や肥料を与えて、ねぎを強くしてあげたりと、お医者さんみたいなことをしてあげています」

手間暇をかけ、愛情をたっぷりかけていらっしゃるのですね。
「みんなにおいしく食べてもらいたいなと思って、日々野菜を作っています。小さい頃は嫌いでも、これからどんどんたべられるようになったらな、と思います。いろんなものを食べて、元気な体をつくってください」と、熱い思いのこもった、心温まる言葉で、今日のお話をしめくくられました。


最後に、たくさんの子どもたちが今日のお話の感想を発表しました。
感想のひとつに、
「白ねぎが嫌いだったから食べないようにしていたけど、これからは大好きになって食べるようにします」
というものがありました。

ふだんは接することのない生産者の方のお話を直接うかがうことができ、地域の特産物を進んで食べようとする意欲が育ったようです。

次に、給食委員長が、しっかりとしたあいさつで締めくくり、その後は、生産者の方と共に、今日の節分献立にちなんだクイズをして、楽しい給食集会が終わりました。


今日の感想を発表しました

 

給食委員長のあいさつ

生産者の方、JA職員の方をはじめ、給食委員さん、先生方、今日はありがとうございました。