2月7日 給食調理員さんと1年生が交流をしました

今日は、給食を毎日作ってくださっている給食の調理員さんと大篠津小学校1年生の子どもたちが交流給食を行いました。

 



調理員さんには毎日お世話になっているのに、普段なかなか接する機会がありません。
このような機会に実際に顔を合わせることで、1年生に、「給食を作ってくれてありがとう」「たくさん食べたいな」という心を育てる目的で行われました。

「いただきます」

 

 

 

どの子も、集中して給食を食べる姿が印象的です。
1年生は残食も減ってきていて、全員が残さず食べる日も増えているそうです。


最後に質問タイムです。

 

「パンは買っているんですか、作っているんですか」
「今日の給食の野菜は、どこの野菜ですか」
子どもたちの質問に、一つひとつ丁寧に答えてくださいました。

調理員さん、これからも、おいしい給食を楽しみにしています。