2月18日  5・6年生が全農ミートフーズさんと交流しました

今日は、牛肉と豚肉を販売しているJA全農ミートフーズの方が、和田小学校の5・6年生と交流しました。

はじめに、生きている牛や豚がどんなふうにお肉に加工されるのかを説明されました。

 

どちらが牛肉でどちらが豚肉かわかりますか?

 

 

 

 

 

JA全農ミートフーズは、大山町にある鳥取県食肉センターというところにあります。食肉センターには、毎日、トラックで生きている牛や豚が運び込まれてきます。そして、お肉にするために、牛や豚を「と畜(命をいただく)」します。

和牛は生後約2年6か月、乳牛のオスだと約1年10か月、豚は約6か月でお肉になるそうです。と畜がおわると、大きなお肉の塊(枝肉)に加工されます。枝肉の大きさは、牛が縦3m、豚の枝肉は縦1.5mくらいです。

牛の枝肉の等身大パネル。「うわー、牛は大きいなー

豚肉です。豚肉はみなさんの身長と同じくらいですね

 

 

 

たくさんお話を伺った後、ここで、みんなにお肉の名前や形を知ってもらうために『男女対抗 肉の部位あてクイズ』です。肉の写真を見て、どこの部位のお肉かを推理します。

みなさん、どこの部位かわかるかな?

相談しています

           

 

 

5年生も6年生もがんばりましたが、なかなか難しかったようです。全問正解のチームはありませんでしたが、大人が考えても難しいクイズにいくつか正解しました!

その他、いくつかのクイズがありました。そのうちのひとつを紹介します。

問題牛をトラックから降ろすときには、牛の鼻にロープをつけて引っ張りますが、なぜ鼻にロープをつけるのでしょうか?子どもたちからいろいろな答えがでました。

 

・鼻以外にロープをつけるところがないから

・もし、おなかをロープでしばると、おなかのお肉が“ぎゅっ”てなっておなかのお肉がかたまっちゃうから。(品質が悪くなる)

・鼻だったら、食べる部分ではないから“ぎゅっ“となってもお肉に影響がないから

正解は、牛は、鼻にロープをつけると痛くておとなしくなるため、牛も係員も安全に作業ができるから。

かわいそうだけど、鼻にちょっと痛みを与えることで安全にトラックから降ろすそうです。

 

最後に、みなさんに覚えていてほしいこととして、2つあげられました。

・みなさんがお肉を食べられるようになるまでに、たくさんの人が関わっているということ。牛や豚を育てる生産者さん、家畜たちをトラックで運ぶ人、お肉を切る人、全国に運ぶ人、スーパーでパックに入れる人、このようにたくさんの人たちが、みんなにおいしいお肉を食べてもらうため毎日頑張っているということを忘れないでほしい。

・お肉を食べるということは、家畜たちの命をいただいているということ。人間が生きていくために、家畜は命を落としているから命をくれた家畜たちに感謝のきもちを持ってほしい。

さらに、

みんなは、いただきますごちそうさまをいっていますか。ご飯を作ってくれた人への感謝の気持ちと家畜や野菜など食材のいのちをいただく感謝の気持ちをもって、心からいただきますごちそうさまを言ってくださいね、と締めくくられました。

 

 

 

次に、5年生6年生の各教室に移動して交流給食です。今日は、ミートフーズさんが、5・6年生のために最高ランクであるA5ランクの牛肉と、豚肉を持ってきてくださっています。これを、給食時間にいただきます。

思ったよりとても大きなお肉です

 

5年生の教室です。

 

 

 

 

6年生の教室です。

 

 

 

「人間、本当にうまいときは、 こんな顔になるんだよー」と先生!

 

「おいしい」、「脂身までうまい」、「塩だけの味付けでも、とってもおいしい」 など、おいしいお肉を絶賛する意見がたくさんありました。

 

昼休憩に、とリモーとふれあいました

 

 

 

「とりモー、かわいいな」子どもたちの人気者でした