9月12日 淀江小学校4年3組 とっとり県民の日献立!

今日、9月12日は「とっとり県民の日」です。
「とっとり県民の日」は、「鳥取県の良さを知り、鳥取県のことをもっと好きになろう」という思いで制定された日です。
今日の米子市の給食は、鳥取県の海と山の自然の恵みがたっぷりつまった献立となっています!

★今日の献立★

・米飯
・牛乳
・長いものかき玉汁
北条砂丘で育った「砂丘長いも」と地元野菜が入った優しい味のかき玉汁です。
・境港サーモンのらっきょうタルタル
美保湾で養殖された「境港サーモン」に福部町産のらっきょうで作ったタルタルソースをかけます。
・ジビエきんぴら
中国山地で育った「鹿肉」と地元野菜を使っています。ジビエは米子市の給食初登場!
・二十世紀梨

 

 


1列にならび、給食の配膳がはじまりました。

 

 


準備が完了しました。これから「いただきます」です!

 

 

 

学校栄養職員の先生のお話がはじまりました。

「今日9月12日は、鳥取県の誕生日です。“とっとり県民の日“は、鳥取県をもっと知って、鳥取県のことをもっと大好きになろう、という願いで制定されました」。


先生のお話をしっかりと聴きながら地元の食材たっぷりの給食を味わいました。

 

給食が終わった後の教室の様子です。

ごはん粒をきれいに取ってくれています

 

学校栄養職員の先生からのプレゼント「鳥取県の食べ物マップ」に興味津々!!

 

最後に給食の配膳台をピカピカに!!


「きょう一番おいしかった献立は何?」という問いかけには、「梨!!」という答えが多かったです。みずみずしい二十世紀梨は大好評でした。

その他には
「サーモンのらっきょうタルタル。らっきょうも好きです」
「ごはんが好き」
という意見がありました。

自分の役割をテキパキと実行することができる姿が印象的な、また、かわいい笑顔があふれる4年3組でした。この「とっとり県民の日」を機会に、「ふるさと鳥取県」をもっともっと好きになってくださいね! 

その他のフォトギャラリー

↑小さい画像をクリックすると大きくなります。