2月19日 義方小学校 給食委員会の活動!

 

今日は、全校集会でいくつかの委員会が活動報告や取り組みの発表をしました。
その中で、給食委員会は、紙芝居の発表をしました。

この紙芝居は「ケンちゃんのぼうけん」というタイトルで、「バランスの良い食事の大切さ」を伝える紙芝居です。
給食委員さんたちは、前日に紙芝居の練習を一生懸命して今日の本番を迎えました。1年程前から、全校集会で発表したい!、こめ太こめ子を登場させたい!という給食委員さんの意気込みが実現し、今日、念願の全校集会当日となりました。

舞台裏でこめ太・こめ子に着替えています。 出番までもうすぐ。急げ!急げ!

 

準備完了

 

 

発表がはじまりました。

 

 

こめ太・こめ子に、特に低学年は大喜び

 

 

みんなが、わかりやすく紙芝居を読みました。ケンちゃんが、赤・黄・緑 の3つの星へ行くお話です。

 

 

ケンちゃんは、はじめに、黄色の星へ行きました

 

黄色の星の食べ物を食べる と、ぷくぷく太って疲れやす くなりました

次に、赤い星へ行きました

 

赤い星の食べ物を食べると、

 

強くなるけど元気がでない…

次に、緑色の星へ行きました

 

緑色の星の食べ物を食べると 、お肌はスベスベしてきたけど 、体はだるく、力がでない…

そうだ、お母さんが言っていた!「好き嫌いしないで何でも食べることが大切。 そうすると、元気に過ごすことができる」って

地球に戻ったケンちゃんは、 色々な食べ物を組み合わせて 食べることに気を付け、元気 に過ごせるようになりました

 

 


1年間の委員会活動の締めくくりとなるような、給食委員さんの思いが込められたすばらしい発表となりました。