9月11日 福生東小学校6年2組 とっとり県民の日献立!

9月12日はとっとり県民の日です。

今日9月11日は、「大山こむぎコッペパン」「大山ブロッコリー入り星取県サラダ」の大山×大山コラボレーションをはじめ、地元食材をたっぷり使った「とっとり県民の日献立」を実施しました。

鳥取県のことをもっとよく知って、鳥取県をもっと好きになってほしいと願って、鳥取県の自慢の食べものや「星取県」をイメージした食べ物をたくさん使った給食が登場しました。

★今日の献立★

・大山こむぎコッペパン
・牛乳
・白ねぎの星空スープ
弓ヶ浜半島の砂丘地帯で栽培される「白ねぎ」と星形のマカロニが入っています。
・とっトンのトマトソース
鳥取県産豚「とっトン」に県産トマトを使ったソースがかけてあります。
・星取県サラダ
「大山ブロッコリー」と星をイメージしてコーンが入っています。
・二十世紀梨


 

 


1列にならび、給食の配膳がはじまりました。

 

 

 

本日の「星取県サラダ」の中に入っている大山ブロッコリーは、米子市の給食にとJA鳥取西部さんが無償提供をしていただいたものです。今日は、特別講師としてJAとっとり西部 竹中さんが6年2組にいらっしゃいました。


 
JAとっとり西部 竹中さん「大山ブロッコリーは、鳥取県西部地区で作っているブロッコリーです。今日は、おいしい大山ブロッコリーをみなさんに食べてほしいなと思います。今日の『とっとり県民の日献立』をきっかけに、もっともっと大山ブロッコリーのファンになって欲しいです」

 

 

米子市より大山ブロッコリー無償提供に対して感謝状の贈呈がありました

 

ファイルと缶バッジのプレゼント

 

 

この後、児童たちと一緒に給食を食べました。

いただきます!

 


 

 

たくさんの報道陣に囲まれ、緊張気味の子どもたち。マイクを向けられインタビューもされました!

 

 

 

 

今日の給食の中では『星取県サラダ』が一番人気でした!理由を聞くと、
「今日のサラダは食べたことのないおいしさだった!」
「かぼちゃとコーンとニンジンとブロッコリーの相性が合って、とてもおいしかった!」
などと答えてくれました。

また、「ブロッコリーは好きですか」の質問には、
「好きです。かたい食感が好き」、また反対に「やわらかい食感が好きです」という子も。
さらに、「上の部分のプチプチした部分をかむとおいしいから好きです」

「家でもサラダに入れてよく食べます」などと答えてくれました。

きれいに食べてくれました

 

6年2組は普段からよく食べて残食は少ないほうだそうです。今日の給食時間は緊張して静かな様子でしたが、取材が終わるころになりようやく普段のかわいい笑顔が見えてきた子どもたちでした!今日は、緊張の中、たくさんの質問にこたえてくれてありがとうございました。 

 

その他のフォトギャラリー